• トップ
  • イベント
  • ジャポニスム花篭講座【能役者が語る能の作者】第3回「世阿弥が伝えた”花”」2021年5月19日(水)開催は8月19日(木)に延期となりました!”歌舞伎座3F花篭ホール”にて開催

第3回「世阿弥が伝えた花」講師:味方 玄(みかた しずか) 観世流能役者

七百年近い歴史を守り継いできた能楽。世阿弥に代表される能の作者たちの作品に込めた美学、哲学、想いなどを二十一世紀の体現者である能役者が熱く語り、謡い、深掘りしていきます。第3回は、『風姿花伝』をはじめ、世阿弥が後世に伝えるべく残した数々の伝書、ことばを紐解きつつ、最大のキーワード「花」とは何か・・・を解き明かしていただきます。

 2021年5月19日(水)
 → 開催延期 新:8月19日(木)

 14:00開演 (開場13:30/終了15:30頃)
 参加費:¥2,800 / 定員40名 予約受付中
 
 参加申込み:要予約[伝統文化交流協会]
 E-mail:Tpacdentobunka@icloud.com
   Tel:   070-1489-1767 (担当:室井)

 お申込は下記要領にてお願いいたします。
 ●「5/19世阿弥が伝えた花」予約申込と明記の
   うえ、お名前/メールアドレス/電話番号/
   申込人数をお知らせ下さい。後日、受付確
   認メールにて代金お振込のご案内をお送り
   いたします。

 場所:歌舞伎座三階 花篭ホール
           (東京都中央区銀座4-12-15)
   
東京メトロ/都営地下鉄 東銀座駅3番出口すぐ
 東京メトロ銀座駅7番出口徒歩5分  




  

  主催:歌舞伎座サービス株式会社
  共済::一般社団法人伝統文化交流協会 
  特別協力:ジャポニスム振興会





講師:味方 玄(みかた しずか)プロフィール
観世流能役者。1966年、京都生まれ。能楽師味方健の長
男。幼少より父に手ほどきを受け、1986年、故片山幽雪(人間国宝)に内弟子入門。幽雪(九世九郎
右衛門)、十世九郎右衛門に師事。1991年、独立。2001年、「京都市芸術新人賞」受賞。2002年、
KBS京都テレビにて能楽入門講座「能三昧」(全28回)を監修・出演。2003年新作能「待月(つき
まち」の脚本を手がけ、シテを演じる。2004年「京都文化賞奨励賞」受賞。2011年、重要無形文化
財(総合)認定。京都・東京における個人主催の会「テアトル・ノウ」を始め、数多くの演能と能楽
の普及活動、企画・演出・プロデュースもこなし、国内外を問わず幅広く活動を続ける。
著書「能へのいざない」(淡交社刊)[公式サイト https://theatrenoh.com/


ジャポニスム花篭講座について
 19世紀中頃からヨーロッパで起こった浮世絵などの日本文化ブーム「ジャポニスム」は、西洋の文化芸術
 に多大な影響をあたえました。その魅力は物質的なものというより、むしろ精神にありました。日本の伝統
 芸能のシンボル・歌舞伎座の一角で開校した【ジャポニスム花篭講座】で、日本文化が伝えるその精神に触
 れてみてください。現在、「浮世絵からお江戸にタイムスリップ」、「能役者が語る能の作者」、「能楽鑑
 賞入門」、「花篭語り部金曜会」などの各シリーズが開催中です。 

新型コロナウイルス感染予防対策に関する注意事項です。必ずお読みください。
● 各自マスクをご持参の上、会場内では必ず着用をお願いいたします。
● ご来場者全員に検温と手指の消毒を実施させていただき、37.5度以上の発熱がみられる場合は
    ご入場をお断りいたします。
● 客席は通常の約半数とさせていただきます。必ず事前予約をお願いいたします。
● 今後のウイルス感染等の状況によっては、定員数の増減や公演中止となる可能性もございます。
    予めご了承ください。


PAGE TOP