• 日本・世界の伝統芸能/文化をより身近なものへ

Tpac 伝統文化交流協会について

Tpac は一般社団法人 伝統文化交流協会が運営するサイトです。日頃なかなか接することの出来ない限りなく上質な文化・演芸・音楽など幅ひろいジャンルで皆様の身近にお届けする機会をご提供して参ります。また同時に芸術家、演者、アーティストの方々の発展支援に貢献出来る運営を目指しております。

イベントカテゴリー

落語

落語

江戸時代の日本で成立し、現在まで伝承されている伝統的話芸の代表であり、能や歌舞伎等の他の芸能と異なり衣装や道具に捉われない高度の技芸を要する伝統芸です。是非、流派を超えた名人・若手の至芸をお楽しみ下さい。

朗読

朗読

声を出して文章を読むことで、文字言語で書かれた文章を音声言語で再表現する芸術です。名作を朗読するという表現のプロが作る至福の時間をお過ごし下さい。

講談

講談

釈台の前にすわり、張り扇で調子を取りながら観客に軍記物や政談を読み上げる三大話芸の一つです。大ブームの講談の魅力を肌で感じて下さい。

能楽

能楽

能楽とは、室町時代に世阿弥が大成した舞台芸術です。古来の様式を今も継承する世界最古の演劇として世界無形文化遺産一号に登録。能と狂言、当代一流の演者と数百年の時を経た能面、能装束、楽器が織りなす華やかな時をご堪能ください。

音楽

音楽

主に、西洋の音楽芸術作品の演奏を中心に行いますがオペラや日本の歌唱の公演も実施します。ご期待下さい。

交流広場

交流広場

伝統文化のジャンルに囚われないあらゆる分野の芸術・芸能のご紹介とともに芸術アート作品・著作本等のご紹介をいたします。

開催済イベント

開催済イベント

これまでに開催された各種イベントはこちら

”氷川まりこ”の能楽鑑賞入門 第5回「能『昭君』を読み解く」2022年1月21日(金) 国立能楽堂大講義室

基本的な能の約束事にも触れながら、毎回ひとつの作品を読み解きます。

  基本的な能の約束事にも触れながら、
  毎回ひとつの作品を読み解きます。
  単なるあらすじの説明ではなく、時代
  背景や登場人物の人間像、根底にある
  日本人独特の美意識や死生観などに目
  を向けて、作品世界を掘り下げ、鑑賞
  する力を育てる講座です。


  今回取り上げるのは、
    能「当麻」(たえま)
   ・国立能楽堂2022年3月定例公演
      の演目です。

 ← 詳しくは画像をクリック

第二回みなと芝浜寄席は2022年1月22日(土)に港区立伝統文化交流館にて開催。予約受付中!(「みなと芝浜寄席」は伝統文化交流協会会員である寺島 幹夫様の特別企画公演をご紹介いたすものです)

~講談と朗読が織りなす幸せなシンプルライフとは~


 講談「鉢の木」:神田京子
 講談師:日本講談協会 / 落語芸術協会
       平成26年真打昇進

 ~貧しくも清らかに生きた佐野源左衛門
  の人生の後半に光が射す⁈ ~


 朗読「方丈記」:斉藤由織
        

 
~三メートル四方の移動可能な住まいを
 選ぶに至った鴨長明という人物・・・?
 講釈師・神田京子の見てきたような解説と、
 斉藤由織の判りやすい古文朗読でお楽しみ
 下さい ~

 
← 詳しくは画像をクリック 

歴史のまちウオークが始まります! 第1回「銀座線で巡る浮世絵散歩」2022年2月19日(土)13:00~17:30

名所江戸百景「日本橋雪中」歌川広重

このウォークでは、日本橋か
ら神田明神、湯島天神、上
野、そして浅草寺・雷門辺り
まで、銀座線の約半分を広重
や北斎が描いた浮世絵と梅の
香りとともに巡ります。ま
た、ウォーク開始前には、浮
世絵作品の解説を通じて江戸
っ子達の生活や、浮世絵の楽
しみ方などをみていただきま
す。浮世を通じて、普段とは
少し違って感じる東京の街に
出かけてみるのはいかがでし
ょうか。
            
← 詳しくは画像をクリック

歌舞伎座花篭講座「能役者が語る能の作者」第5回 2022年2月10日(木) 15:30~ 歌舞伎座3F花篭ホール

第5回は「中興の祖 金春禅竹」

 
 第5回は、世阿弥の娘聟、金春禅竹
 にスポットを当てます。世阿弥が大
 成した能の幽玄を受け継ぎ、より
 深く昇華し、次代へと伝え継いだ
 禅竹の作品と功績とは・・・。


 ← 詳しくは画像をクリック

味方 玄(しずか)の 能楽ちょっといい話 2022年2月12日(土)15:30~17:00 港区立伝統文化交流館にて

有形文化財指定の和空間で能に触れるひとときを。

  京都在住の観世流能役者 味方玄さん
 を水先案内人としてお届けする能にま
 つわるちょっといい話の数々。謡や舞
 台映像、着付けの実演なども交えつつ
 能楽の魅力を存分にお届けいたしま
 す。


 今回は、梅香る季節、「弱法師」の
 世界へ!
 ・語り尽くせない「弱法師」の魅力を
  語ってしまう!♬
 ・能面・能装束で魅せる「弱法師」
 (装束着付け実演)

 ← 詳しくは画像をクリック

歌舞伎座花篭講座「花篭語り部金曜会」2022年2月18日(金)15:30開演 歌舞伎座3F花篭ホール

 今回は早春の二作品です。

 
初めは火野葦平作「皿」より: 
 春のある日、河童は古井戸の中で絵草
 紙から抜け出てきたような女を見る。
 その女は何と・・・

   二番目は高山樗牛作「滝口入道」より:
 平家物語のこぼれ話のようなお話です。
 都・西八條の花見の宴にて雑仕女・横笛
 に魅せられた滝口入道つまり斉藤滝口時頼
 の切なる想い・・・

 ← 詳しくは画像をクリック

”氷川まりこ”の能楽鑑賞入門 第6回「能『八島』を読み解く」2022年2月18日(金) 14時~15:30分 国立能楽堂大講義室

基本的な能の約束事にも触れながら、毎回ひとつの作品を読み解きます。

  基本的な能の約束事にも触れながら、
  毎回ひとつの作品を読み解きます。
  単なるあらすじの説明ではなく、時代
  背景や登場人物の人間像、根底にある
  日本人独特の美意識や死生観など日本
  文化のさまざまに目を向けて、作品世
  界を掘り下げ、鑑賞する力を育てる講
  座です。

  今回取り上げるのは、
    能「八島」(やしま)
   ・国立能楽堂2022年4月定例公演
      の演目です。

 ← 詳しくは画像をクリック

トピックス【観世流シテ方、味方 玄:SIZUKA MIKATAさんの悪霊・疫病退散を祈念「鍾馗」の舞い】

「鍾馗」とは人の名前。中国・唐の時代、病に伏した玄宗皇帝の夢に現れ病鬼を退治したことから、神として祀られました。日本でも息災、疫病除けを祈願して”端午の節句”(5月5日)に強そうな髭を生やした鍾馗の人形や絵を飾ります。

PAGE TOP