• 日本・世界の伝統芸能/文化をより身近なものへ

Tpac 伝統文化交流協会について

Tpac は一般社団法人 伝統文化交流協会が運営するサイトです。日頃なかなか接することの出来ない限りなく上質な文化・演芸・音楽など幅ひろいジャンルで皆様の身近にお届けする機会をご提供して参ります。また同時に芸術家、演者、アーティストの方々の発展支援に貢献出来る運営を目指しております。

会員限定 Tpac主催イベント アーカイブ動画公開中

イベントカテゴリー

能楽

能楽

能楽とは、室町時代に世阿弥が大成した舞台芸術です。古来の様式を今も継承する世界最古の演劇として世界無形文化遺産一号に登録。能と狂言、当代一流の演者と数百年の時を経た能面、能装束、楽器が織りなす華やかな時をご堪能ください。

歌舞伎

歌舞伎

芝居、踊り、音楽の3要素で楽しませることを追求し、一つの総合芸術にまで磨き上げた歌舞伎。一つの作品に、俳優や裏方の数えきれない工夫が重ねられ、今現在の集大成が、目の前の舞台に広がっています。そんな歌舞伎の歴史、表や裏、支える人々、色々な角度からの歌舞伎をお楽しみください。

朗読

朗読

声を出して文章を読むことで、文字言語で書かれた文章を音声言語で再表現する芸術です。名作を朗読するという表現のプロが作る至福の時間をお過ごし下さい。

落語

落語

江戸時代の日本で成立し、現在まで伝承されている伝統的話芸の代表であり、能や歌舞伎等の他の芸能と異なり衣装や道具に捉われない高度の技芸を要する伝統芸です。是非、流派を超えた名人・若手の至芸をお楽しみ下さい。

講談

講談

釈台の前にすわり、張り扇で調子を取りながら観客に軍記物や政談を読み上げる三大話芸の一つです。大ブームの講談の魅力を肌で感じて下さい。

音楽

音楽

主に、西洋の音楽芸術作品の演奏を中心に行いますがオペラや日本の歌唱の公演も実施します。ご期待下さい。

交流広場

交流広場

伝統文化のジャンルに囚われないあらゆる分野の芸術・芸能のご紹介とともに芸術アート作品・著作本等のご紹介をいたします。

開催済イベント

開催済イベント

これまでに開催された各種イベントはこちら

Tpac主催イベント講座動画をご自宅でもスマホでも視聴出来るサービスが4月より始まりました!略して「DenBunチャンネル」

”DenBunチャンネル”

ご紹介動画
 "DenBunチャンネル"では、「能楽 / 歌舞伎 / 朗読 /
 浮世絵 / 落語 /華道」の6分野で、過去に収録した約60本
 のアーカイブ動画を、4月より会員向けに配信開始しまし
 た。このアーカイブには、今後開催される講座も順次追加
 されていきます。ご自宅で好きな時に、お好みの講座を
ゆったりと楽しんで頂けます。

 ※画像をクリックすると紹介動画を観ることができます。


 

Tpac会員限定先行予約のご案内! 2022年10月1日 (土)矢来能楽堂 17時開演 DenBun能 蝋燭能「融」舞返

一般のチケット発売に先駆け、Tpac会員様限定で
古典芸能鑑賞会 DenBun能「融」先行予約を実施いたします。
詳細をご案内いたしますので、奮ってお申込ください。

月がいざなう懐旧の舞
蝋燭能 『融』 舞返
詳しくは画像をクリック

 

歌舞伎座花篭講座「文楽鑑賞入門」第1回『国立劇場9月文楽公演の見どころ』2022年8月25日(木)歌舞伎座3階 花篭ホール

皆様は人形浄瑠璃「文楽」をご覧になったことはありますか。歌舞伎は観るけど文楽は観ないなあ・・・。そういう方が
結構多いんですが実にもったいない。
おなじみ「義経千本桜」や「菅原伝授手習鑑」、それに「仮名手本忠臣蔵」といった名作は、もともと文楽の作品で後に歌舞伎へ移されました。"世界一の人形芝居"と言われる文楽の魅力を、映像をまじえ判りやすく楽しくご案内します。

(詳しくは画像をクリック)









 

歌舞伎座花篭講座 新シリーズ「能役者が語る能の名品」第3回【恋重荷】 2022年10月13日(木)15:30開始(開場15:00)~17:00終了 歌舞伎座3F花篭ホール

師、先輩、名人の舞台を目で盗み、謡いこみ、舞いこみ、演じ上げてきた実演者だからこそ実感することがある。
これまで多くの難曲・大曲と対峙してきた能役者、味方玄が選ぶ「これぞ名品」という一曲を、より深く、よりリアルに語ります。

 ← 詳しくは画像をクリック


 

歌舞伎座花篭講座 ”容子の部屋” 今、容子が会いたい人【中村鷹之資さん】 2022年7月2日(土)15:30開始(開場15:00)~17:00 歌舞伎座3F花篭ホール

2022年7月2日(土)15時30分~17時 歌舞伎座3F 花篭ホール 予約受付中

今、容子が会いたい人、
 中村鷹之資さん

歌舞伎俳優。五代目中村富十郎の長男。
平成13年4月歌舞伎座で中村大を名のり
父の『石橋』にて文珠菩薩をつとめ、
獅子に乗っての初舞台。
17年11月歌舞伎座『鞍馬山誉鷹
(くらまやまほまれのわかたか)』の
牛若丸で初代中村鷹之資を披露。
舞踊公演ほか、映画『男はつらいよ』
『男はつらいよ2」に出演。

← 詳しくは画像をクリック

『春風亭昇也 真打昇進披露公演』国立演芸場7月上席公演 2022年7月2日(土)11時15分~特別レクチャー付き

この公演は、落語芸術協会の新真打「春風亭昇也」の
昇進披露公演となっています。トリを勤める春風亭昇也は
笑点でおなじみ春風亭昇太の弟子にあたり、令和2年度
国立演芸場花形演芸大賞銀賞を受賞した、若手期待のホープです。
鑑賞前には「春風亭昇也」ご本人による、落語がより面白く・
親しみやすくなる事前解説を設けていますので、初めての方でも
お楽しみいただける内容となっています。

詳しくは画像をクリック

歌舞伎座鑑賞入門第4回「夏芝居のたのしみ」2022年7月8日(金)15:30開演 歌舞伎座3F花篭ホール

 8月の歌舞伎座は「納涼歌舞伎」
 と銘打っての公演。

 観て涼しくなる演目と言えば昔
 から怪談物などが定番。今年も
『闇梅百物語』では妖しいものが
 登場して、ヒヤッとさせてくれる
 でしょう。

 また弥次さん喜多さんの物語で
 おなじみ『東海道中膝栗毛』と
 いった演目も近年ではよく上演
 されます。そうした「夏芝居」
 の楽しみについてご案内します。

  (詳しくは画像をクリック)

氷川まりこの「能楽鑑賞入門」 第11回 能『殺生石』を読み解く

2022年7月15日(金)14時00~15時30分 国立能楽堂大講義室 予約受付中!

 基本的な能の約束事にも触れながら、毎回ひとつの
作品を取り上げます。単なるあらすじの説明ではなく、
時代背景や登場人物の人間像、根底にある日本人独特
の美意識や死生観など日本文化のさまざまに目を向けて、
作品世界を掘り下げ、鑑賞する力を育てる講座です。
今月取り上げる「殺生石」とは、平安時代に朝廷を
滅ぼそうとたくらんだ九尾の狐の執心が凝り固まって、
毒をふりまき生き物の命を奪ったと伝わる石です。
遡れば中国やインドにまで繋がっていく物語を背景
に、退治された妖狐の精神をシテ (主人公)として、
能「殺生石」は作られています。
(詳しくは画像をクリック)

歌舞伎座花篭講座「新選組」シリーズ 特別企画!

「傾(歌舞)いて魅せる新選組 2022年8月7日(日) 15時半~ 歌舞伎座花篭ホールにて。予約受付中!

詳しくは画像をクリック

聴けば10倍楽しめる!
手塚本が描かなかった新選組
10月開講『新選組つれづれ考』
の講師 汐海珠里が伝える
特別企画!

味方玄の『能楽ちょっといい話』2022年8月18日(木) 清澄庭園内・大正記念館 14時開始 予約受付中!

月明かりに誘われて、「融」。語り尽くせない「融」の魅力を語ってしまう!

 由緒あふれる和の空間で
 能に触れるひとときを。

 京都在住の観世流能役者
 味方玄さんを水先案内人
 としてお届けする能に
 まつわるちょっといい話
 の数々。

 謡や舞台映像、着付けの
 実演なども交えつつ能楽
 の魅力を存分に語って
 いただきます。

 ←詳しくは画像をクリック

歌舞伎座花篭講座「花篭語り部金曜会」2022年8月19日(金)15:30開演 歌舞伎座3F花篭ホール

今回は日本三大怪談の一つ、岡本綺堂作「番長皿屋敷」をお届けいたします。

 日本三大怪談のひとつとして
 有名な「番町皿屋敷」。
「いちま~い、にま~い…」で
 有名なお菊さん。皿屋敷の伝説
 は落語にも歌舞伎にも作品化
 されています。

 (詳しくは画像をクリック)

 

氷川まりこの「能楽鑑賞入門」 第12回 能『花筺』を読み解く

2022年8月26日(金)14時00~15時30分 国立能楽堂大講義室 予約受付中!

基本的な能の約束事にも触れながら、毎回ひとつの
作品を取り上げます。単なるあらすじの説明ではなく、
時代背景や登場人物の人間像、根底にある日本人独特
の美意識や死生観など日本文化のさまざまに目を向けて、
作品世界を掘り下げ、鑑賞する力を育てる講座です。
思いがけず皇位を継承することとなった大迹部皇子は、
長く親しんだ照日前に形見の花かご(花筐)を遺し、
越前国を発ちました。この花かごは、やがてふたりが
再会を果たす重要な小道具となります。
(詳しくは画像をクリック)





 

トピックス【観世流シテ方、味方 玄:SIZUKA MIKATAさんの悪霊・疫病退散を祈念「鍾馗」の舞い】

「鍾馗」とは人の名前。中国・唐の時代、病に伏した玄宗皇帝の夢に現れ病鬼を退治したことから、神として祀られました。日本でも息災、疫病除けを祈願して”端午の節句”(5月5日)に強そうな髭を生やした鍾馗の人形や絵を飾ります。

PAGE TOP