• 日本・世界の伝統芸能/文化をより身近なものへ

Tpac 伝統文化交流協会について

Tpac は一般社団法人 伝統文化交流協会が運営するサイトです。日頃なかなか接することの出来ない限りなく上質な文化・演芸・音楽など幅ひろいジャンルで皆様の身近にお届けする機会をご提供して参ります。また同時に芸術家、演者、アーティストの方々の発展支援に貢献出来る運営を目指しております。

イベントカテゴリー

落語

落語

江戸時代の日本で成立し、現在まで伝承されている伝統的話芸の代表であり、能や歌舞伎等の他の芸能と異なり衣装や道具に捉われない高度の技芸を要する伝統芸です。是非、流派を超えた名人・若手の至芸をお楽しみ下さい。

朗読

朗読

声を出して文章を読むことで、文字言語で書かれた文章を音声言語で再表現する芸術です。名作を朗読するという表現のプロが作る至福の時間をお過ごし下さい。

講談

講談

釈台の前にすわり、張り扇で調子を取りながら観客に軍記物や政談を読み上げる三大話芸の一つです。大ブームの講談の魅力を肌で感じて下さい。

能楽

能楽

能楽とは、室町時代に世阿弥が大成した舞台芸術です。古来の様式を今も継承する世界最古の演劇として世界無形文化遺産一号に登録。能と狂言、当代一流の演者と数百年の時を経た能面、能装束、楽器が織りなす華やかな時をご堪能ください。

音楽

音楽

主に、西洋の音楽芸術作品の演奏を中心に行いますがオペラや日本の歌唱の公演も実施します。ご期待下さい。

交流広場

交流広場

伝統文化のジャンルに囚われないあらゆる分野の芸術・芸能のご紹介とともに芸術アート作品・著作本等のご紹介をいたします。

開催済イベント

開催済イベント

これまでに開催された各種イベントはこちら

Sound Tokyo Concert Vol.7 [ 菅 佐知子ピアノリサイタル ]

2020/11/21(土) 赤坂ストラドホール 予約受付中! 

 世界に25台しかないベーゼンドルファーのクリムト
 モデルが入っている素晴らしいホールで再び演奏できま
 すこと、とても幸せに思っております!

 「戦場のピアニスト」で使われているショパンのバラー
 ド1番、ノクターン、プロコフィエフの超絶技巧のソナ
 タ等、盛り沢山なプログラムです!

 詳しくは左の画像をクリックして下さい。

 

ジャポニスム花篭講座【歌舞伎万華鏡 ~知らざあ見せて聞かせやしょう ~】

第1回 『人は見た目でわかります!』2020/11/22(日) 歌舞伎座3F花篭ホール 予約受付中! 講師:辻 和子

 
 親しみやすいお得意のイラスト付きで始まった歌舞伎連載
 コラムの作者”辻 和子”さんによる連載講座が歌舞伎座花篭
 ホールにて11月22日よりいよいよ始まります!

 詳しくは左の画像をクリックして下さい。

ジャポニスム花篭講座【能役者が語る能の作者】

第2回「世阿弥と夢幻能」2021/2/4(木)  歌舞伎座3F花篭ホール  予約受付中! 講師:味方 玄(観世流シテ方)

 
 
 七百年近い歴史を守り継いできた能楽。世阿弥に代表され
 る能の作者たちの作品に込めた美学、哲学、想いなどを二
 十一世紀の体現者である能役者が熱く語り、謡い、深掘り
 していきます。
 第2回は、能を象徴する物語構成である「夢幻能」を体感と
 ともに紐解いていただきながら、戯作者としての世阿弥に
 迫ります。

 詳しくは左の画像をクリックしてください。
 

トピックス【観世流シテ方、味方 玄:SIZUKA MIKATAさんの悪霊・疫病退散を祈念「鍾馗」の舞い】

「鍾馗」とは人の名前。中国・唐の時代、病に伏した玄宗皇帝の夢に現れ病鬼を退治したことから、神として祀られました。日本でも息災、疫病除けを祈願して”端午の節句”(5月5日)に強そうな髭を生やした鍾馗の人形や絵を飾ります。

連載コラム【歌舞伎万華鏡 ~知らざあ見せて聞かせやしょう】

 
 根っからの歌舞伎ファンの貴方、興味あっても敷居が高くてなかなか
 一人で行けない貴方、そんなどなたにもフレンドリーで分かりやすく
 歌舞伎の世界を様々な視点で語りかける”イラストエッセイ”の始り、
 始まり~!!

  → 入口

連載コラム『落語の世界にようこそ!』はじまり、はじまり~!



 初めてでもじゅうぶん楽しめるけど、深く知れば知るほどより面白くなるのが落語の世界。もっと詳しくなりたい貴方に、うってつけの新連載を、日本で唯一の演芸専門誌『東京かわら版』の編集長がお届けします!
     → 入口
 

連載【対決!! 葛飾北斎「富嶽三十六景」VS 歌川広重「東海道五十三次」

江戸庶民に愛された浮世絵(錦絵)の代表作シリーズである葛飾北斎「富嶽三十六景」と
歌川広重「東海道五十三次」の比較を通じてその他の浮世絵師や更に江戸の文化と時代への橋渡しを試みる連載ストーリーがスタートいたしました。さてどのように展開していくかゆるりとお楽しみお楽しみ~! → 入口

「富嶽三十六景」:神奈川沖浪裏
「東海道五十三次」:日本橋

トピックス【太神楽師、鏡味味千代さんが運気向上祈念の太神楽熱演!】

  • 寄席文化継承への熱い応援です!動画再生1回につき1円が、東京以外で寄席文化を継承してくれている貴重な場所「大須演芸場」(名古屋)に寄付されます。新型コロナ感染防止のため閉鎖を余儀なくされ経営危機を迎えている演芸場の一つです。

トピックス【紙絵作家 阿部奈津加さんが江戸時代の紙工作「組上絵くみあげえ」の制作動画を公開しました】

詳しくは「こちら

第1回Tpacフォトギャラリー

写真家「増島 実」新刊写真集【Welcome to the Lanna Hotel:チェンマイのラーンナーホテルと寺院装飾】

かってのラーンナー(100万の田を意味する)王国700年の雅が今に伝わるタイ、チェンマイ。旧市街のラーンナー寺院を探訪する時、幾つかの共通点に気づく。それは屋根、柱、ウイハーン(本堂)のたたずまいや独特の装飾などである。そして宿泊ホテルにも類似するデザインや装飾を見つけることがある。それらはどのようにチェンマイのホテルデザインに定着したのか。またそれぞれの名称は?本書はそんな素朴な疑問から生まれた。
---> フォトギャラリーへは写真をクリック

PAGE TOP